タイでの観光・遊び方

バンコクで夜遊びするなら?予算はいくら?女性でも夜遊びを楽しめる?

バンコクで夜遊びするなら?予算はいくら?女性でも夜遊びを楽しめる?

これからバンコクに駐在する方や移住する方にとって気になるのが、バンコクならではの夜遊びではないでしょうか。実際、タイの首都であるバンコクには、もちろん夜遊びできる繁華街もあります。今回は、バンコクでの夜遊びにおすすめの場所や予算について紹介します。

目次

  1. バンコクの夜遊びの定番「ゴーゴーバー」とは?
  2. バンコクの夜遊びスポット!ゴーゴーバーの予算とは?
  3. バンコクで夜遊びしよう!ゴーゴーバーはどこにある?
  4. バンコクの夜遊びはゴーゴーバーだけではない!
  5. バンコクの夜遊びは男性向けばかり?女性ならどうする?
  6. 最後に

バンコクの夜遊びの定番「ゴーゴーバー」とは?

バンコクの夜遊びとして定番とも言える場所が、「ゴーゴーバー」です。
セクシーな衣装を着た女の子がステージの上で踊っていて、気になる子がいれば指名ができ一緒にお酒を飲むことができます。女の子が了承してくれれば、そのまま外でのデートを楽しむことも可能です。日本語が話せる女の子が在籍しているお店もありますので、英語やタイ語が話せなくても、安心して夜遊びが楽しめますね。バンコクのゴーゴーバーで働く女の子はレベルが高いと言われているので、可愛い子と出会える可能性も高いです。

バンコクの夜遊びスポット!ゴーゴーバーの予算とは?

バンコクのゴーゴーバーで夜遊びを楽しむ場合、いくらの予算を準備すべきでしょうか?
バンコクのゴーゴーバーで夜遊びを楽しむ場合、必要なお金は次の3つです。

✓ ドリンク料金

✓ ペイパー代(女の子をデートに連れ出す場合)

✓ 女の子へのチップ

それぞれについて詳しくみていきます。

ゴーゴーバーの予算①ドリンク料金

ゴーゴーバーでは、自分が飲むドリンクに加え、女の子の分のドリンク料金も支払う必要があります。店によって料金は異なりますが、自分のドリンクが1杯150バーツ(約500円)ほど、女の子のドリンクは1杯180バーツ(約600円)ほどです。

ゴーゴーバーの予算②ペイパー代

ペイパー代とは、女の子を店外に連れ出す場合にかかる料金です。こちらも店によって料金が異なりますが、大体500バーツ~1500バーツ(約1,700円~約5,000円)が相場となっています。
店によっては、24時を過ぎるとペイパー代が安くなることもあります。

ゴーゴーバーの予算③女の子へのチップ

女の子へのチップは交渉次第で変わりますが、最低でも3,000バーツ(約10,000円)ほどは必要でしょう。過ごした時間が長くなるほど、チップの料金も高くなります。

バンコクで夜遊びしよう!ゴーゴーバーはどこにある?

バンコクの夜遊びスポットとしてゴーゴーバーの集まった有名なエリアは、次の2つです。

✓ ソイカウボーイ…MRTアソーク駅から徒歩1分ほど

✓ ナナプラザ…BTSナナ駅から徒歩5分ほど

いずれも駅から近いので、旅行客でもアクセスしやすいのではないでしょうか。

バンコクの夜遊びはゴーゴーバーだけではない!

ここまでは、バンコクの夜遊びの定番ゴーゴーバーについて紹介しましたが、バンコクの夜遊びスポットとしては、次のようなお店も人気です。

バンコクの夜遊びスポット①テーメーカフェ

テーメーカフェは、日本語でいうところの「出会い系カフェ」です。
お店内には素人の女の子が待機しているので、自分で話しかけて値段交渉をします。交渉が成立したら、過ごし方はあなた次第です。場所はBTSアソーク駅、BTSナナ駅の中間に位置していて、ゴーゴーバーとはしごすることもできます。

バンコクの夜遊びスポット②カラオケ

バンコクのカラオケは日本語のカラオケとは意味が違います。バンコクでカラオケというと、カラオケボックスではなくキャバクラのような場所です。日本人向けのお店が多く、日本語をしゃべれる女の子が多数在籍しています。タニヤ通りという日本人向けの歓楽街に多くのお店があります。

バンコクの夜遊びは男性向けばかり?女性ならどうする?

ここまで紹介してきたバンコクの夜遊びスポットは、男性向けのものばかりでした。それでは、女性が夜遊びを楽しむならどんなスポットがおすすめなのでしょうか?
女性におすすめしたいのは、バンコクのナイトマーケットです。いわゆる「夜市」のことで、屋台が立ち並ぶ雰囲気はまるでお祭りのよう。屋台といっても食べ物や飲み物だけでなく、女性向けの化粧品や洋服、小物なども販売されています。
食べ歩きを楽しみたいなら、300バーツ~600バーツ(約1,000円~2,000円)ほど用意すれば十分でしょう。ビールは1杯200円ちょっとで飲むことができます。雑貨なども1つ500円程度で購入できるものが多いので、予算はそれほど必要ではありません。
ちなみに、特におすすめしたいナイトマーケットはアジアティーク・リバー・フロントです。
日本のガイドブックにも載っている定番のスポットです。BTSのサバーンタクシン駅の近くの船着き場から、無料のシャトルボートがでています。営業時間は16:00~24:00です。

最後に

今回は、バンコクの夜遊びスポットについてご紹介しました。男性なら、可愛い女の子との夜遊びが楽しめるゴーゴーバーやカラオケ、女性には、ご飯やお酒を楽しめるだけでなく可愛い雑貨や化粧品まで購入できるナイトマーケットが、バンコクでおすすめです。
ディアライフでは、タイ、バンコクの物件を多数取り扱いしております。バンコクへの移住が決定した方、バンコクへの移住に興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせ下さい。周辺の生活情報やおすすめスポットについても、現地スタッフが案内させていただきます。
https://www.dlife.co.jp/