ライフスタイル

バンコクの日本人街ってどんなところ?特徴や生活について

バンコクの日本人街ってどんなところ?特徴や生活について

タイのバンコクには、日本人街として知られている場所があります。今回は、駐在するにあたって知っておきたい日本人街スクンビットの特徴について紹介します。

目次

  1. バンコクの日本人街はどこ?
  2. バンコクの日本人街での生活はどう?
  3. 最後に

バンコクの日本人街はどこ?

バンコクで日本人街と呼ばれるのはスクンビットエリアですが、スクンビットのなかにも日本人が多く住むエリアがいくつかあります。

そこでまずは、バンコクの日本人街スクンビットのなかで日本人が多く住むエリアをいくつかピックアップし、それぞれの特徴を紹介していきます。

スクンビット

スクンビットは、スクンビット通りという大通りを中心として、BTSのナナ駅からウドンスック駅エリアまでの範囲を指し、日本人だけでなく欧米を中心とした外国人在住者が密集しているエリアでもあります。

バンコクの日本人駐在員は、ほとんどが日本人街と呼ばれるエリアのBTSアソーク駅からエカマイ駅の区間に居住し、日本人向けの学校やレストラン、病院などが多く、またショッピングモールも充実しています。

アソーク

スクンビットにあるアソークは、BTSアソーク駅、MRTスクンビット駅やアソーク通りを中心としたエリアです。高層のオフィスビルが立ち並び、バンコク屈指のビジネス街となっています。

大型商業施設やホテル、飲食店なども充実していて、東京でいうところの新宿のようなエリアとなっていて、近年アソークに住む日本人駐在員も増えています。

プロンポン

スクンビットにあるプロンポンは、BTSプロンポン駅を中心としたエリアを指します。このエリアにあるサービスアパートやアパートには、居住者のほとんどが日本人という物件も珍しくなく、スクンビットに住む日本人の半数以上が、プロンポンエリアに暮らしているとも言われています。

BTSプロンポン駅前には、「エンポリアム」と「エムクオーティア」という2つのデパートがあり、このエリアのランドマークとなっています。

トンロー

スクンビットにあるトンローは、BTSトンロー駅から北に伸びるトンロー通りを中心としたエリアを指します。トンロー駅前にはデパートやショッピングモールはありませんが、屋台や商店街などがあり、昔ながらの良い雰囲気が残っています。また、トンローは日本食レストランが非常に多いエリアとしても知られています。

エカマイ

スクンビットにあるエカマイは、BTSエカマイ駅から、北に伸びるエカマイ通りを中心としたエリアです。BTSエカマイ駅の南には、バンコク東バスターミナルがあり、パタヤやシラチャ、チャンタブリー、サメート島などのタイ東部方面へ向かう長距離バスの発着地となっています。

駅直結の商業施設Gatewayを中心に開発が進められていますが、プロンポンやトンローエリアと比較すると、ローカル色が残る落ち着いた雰囲気の街となっています。

バンコクの日本人街での生活はどう?

バンコクの日本人街での生活はどう?
バンコクの日本人街として知られるスクンビットでの生活はどのようなものなのでしょうか。

住宅事情について

スクンビットには日本人向けの物件が多くあり、ハウスキーピングサービスが付いたサービスアパートも人気があります。日本人居住率100%の物件も珍しくありません。

飲食店やスーパーについて

スクンビットエリアには、日本食レストランや日系スーパーが多くあります。例えば、日本食品の品揃え豊富な「フジスーパー」はスクンビットエリアに4店舗展開しています。

またトンローの「Donki Mall Thonglor」も日本の食材を扱っていて、現在はフジスーパーと人気を2分する存在になっています。

ショッピングやおでかけについて

ショッピングなら、「ターミナル21」というショピングモールや、前述したプロンポンエリアの「エンポリアム」と「エムクオーティア」という2つのデパートが人気です。

ホテルについて

スクンビットは日本人が多いエリアなので、観光目的で滞在するホテルでも日本語対応可能なところが多くあります。駐在に向けた物件探しの際などは、ホテルを利用してみても良いでしょう。

日本人学校について

バンコクの日本人学校の送迎バスは、送迎範囲が主にアソーク~エカマイエリアに限られているため、小・中学生のお子様をお持ちのご家庭は日本人街と呼ばれるエリアに居住するのがおすすめです。

また、日本に帰国しての進学を希望するお子様向けの学習塾(駿台や早稲田アカデミー)なども日本人街のエリアに集中しています。

治安について

スクンビットは日本人や外国人の居住者が多いこともあり、貴重品狙いのスリやひったくりといった犯罪が横行しています。日本人街とはいえ日本国内ではないため、犯罪被害に遭わないように注意が必要です。

夜遊びについて

スクンビット通りには、ゴーゴーバーが密集している「ナナプラザ」や「ソイカウボーイ」といった夜遊びスポットも充実しています。

最後に

今回は、バンコクの日本人街として知られるスクンビットの各エリアの特徴について紹介しました。

タイ・バンコクに駐在する日本人の大半が、アソーク~エカマイエリア(お子さんが居ない単身・夫婦の方はBTSプラカノン駅やBTSオンヌット駅まで居住エリアを広げられていますが)に、暮らしていると言われています。日本食レストランや日系スーパーも充実しているので、日本と同じような暮らしをしたいという方にはおすすめのエリアです。

日本人向けの共用設備が充実している物件もたくさんあり、日本人居住率100%の物件も珍しくありません。バンコクでのお部屋探しは、まず日本人街を基準に行ってみてはいかがでしょうか。